FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Platonic Love~29.

g-c1-missha1_convert_20180515104206.jpg
29.







«待ってて»
微笑むチャンミンの顔が頭から離れない
腹を括ったチャンミンの微笑みはとても危うい艶を放っていた

「これから同伴なんだ」
時計を気にしながら準備を始めたチャンミンの残像が残るリビング
俺はソファに寝転びチャンミンが出て行くまでの時間を思い出していた
「僕に貢ぐ人···結構いるんだよ」
そう言いながらチャンミンは俺を見つめた
「想像つくよ」
俺の言葉にチャンミンは少し憮然な表情を浮かべる
「え···俺ヘンなこと言った?」
何故そんな表情されるのか分からず俺が首を傾げると
「妬かないの?」
そう言って俺の目の前に立ったチャンミン
「妬かない?」
もう一度聞かれた俺は黙ったまま
「ベタベタ触られる···こことか···ここ」
自分が触られてるって場所を俺の身体を触りながら説明してくる
「ねぇ···妬かないの?」
「まぁ···」
俺の返事にチャンミンの表情が益々曇った
って言うかキレた表情に近い
「なぁチャンミン···」
無言で俺を睨みつけている
「仕事だろ?」
チャンミンは反応も無く俺をガン見している
「ホストって仕事なんだし触られるのも承知で仕事してんじゃないのか?」
「···」
視線を外そうとするチャンミンの頬に手を添えると驚いたように俺を見た
「だろ?」
「ユノは意地悪だね···僕に安心を与えてくれない」
チャンミンはそう小さく呟くと軽くため息をついた
「仕事での行為に妬いてたら身体が持たないよ」
俺はチャンミンを見つめる
「良い気分じゃないよ···お前の気持ち一つで相手はお前を手に入れる事も出来るんだし」
「僕が相手を好きになるってこと?」
「無いとは言えないだろ?」
「有り得ない···」
チャンミンは顔を左右に振りながら呟く
「こんな風に想うってどういう事かわかるか?」
見つめ合ったまま沈黙の時間が流れる
「僕の事···」
チャンミンの瞳はユラユラと揺れている
揺れる瞳を俺はジッと見つめながら話す
「俺にとって···お前は大切な人だよ
一緒に居ると楽しいし離れたくなくなる···」
チャンミンの頬に涙が伝う
俺はそっと抱き寄せる
「こうして離したくなくなる
男相手にこんな感情おかしいって分かってても···
打ち消したくてもこの感情は消えない」
チャンミンが俺の腰に腕を回すのを感じて俺はチャンミンの頭を優しく撫でた
「好きだよ···どうしようもないほど」
「ユノ···」
微かに聴こえたチャンミンの声
「でもなチャンミン···俺は彼女を守っていくって約束したんだ
その約束を俺は守ると決意して今まで生きてきたから···」
話していると急にドンッと勢いよく突き飛ばされた
「聞き飽きたんだけど」
チャンミンが無表情に俺を見る
「彼女はもう十分だって言ってた
なんで彼女の言葉を聞き入れようとしないの···それって彼女にも失礼なのが分からない!?
申し訳ないって気持ちを抱えさせてこれからも生きて行くのは彼女なんだよ」
これはキレてんだな
「いい加減空気読みなよ」
「そう簡単にはいかないんだよ」
「簡単じゃん···」
チャンミンは薄ら笑みを浮かべている
「気持ちに素直になれば良いだけ」
チャンミンはそう言うと俺をギュッと抱き締めてきた
「素直になるのを恐れないで···」
「···」
「素直な僕なんてユノを突き飛ばしといて抱きしめずにはいられない」
チャンミンはそう言って更にギュッと俺を抱きしめる
「ユノ···今日ユノが僕の事をどう想っているのか気持ちが聞けて良かった
これからの1ヶ月···僕はお金を稼ぐ···ユノは気持ちに素直になって奥さんに僕との関係を話して離婚する···OK?」
「離婚って···」
「とにかく奥さんと話しといて···
離婚出来ない事情があるのは何となくわかるから事情があるなら現状のまま
どうぞ書類上の婚姻関係は続けて下さい···
僕とユノの関係が変わる事ないしね」
「なんか···お前強くなった?」
「目標が出来たから」
微笑むチャンミンの表情に目を奪われる
「そろそろ行かなきゃ···」
そう言うとしばらくの間ジッと見つめられ俺は固まる
「待ってて」
俺はチャンミンの言葉を呟いて目を閉じた

「残業してる···」
俺の部屋のドアを開けながら部下がボヤいている
「あぁ···気にしないで帰って良いよ」
「帰りづらいですって···」
「気にすんな」
デスクの書類に目を通しながら部下に声をかける
「じゃあ···帰りますからね」
「うん···お疲れ」
俺は部下の顔を見て微笑み軽く頷いた
ガラス張りの部屋だから俺をチラチラ見てるのは分かってた
最近の俺は残業三昧で部下たちは気兼ねしているようで···
俺じゃなきゃダメな仕事が溜まってんだから仕方ないじゃん
フロアにはもう俺しかいない
背もたれにもたれかかって大きく伸びをしたその時スマホが震えた
キュヒョン?
久しぶりの名前につい声を出して読んでしまった
俺は画面をタップして電話に出る
「ユノさん!!」
キュヒョンのただならぬ声に俺の身体が一気に緊張する
「どうした?」
「チャンミンが刺された」
言葉が出てこない
「客にか?」
「お···奥さんに」
血の気が引いていく
「事情は後で聞く···キュヒョンはチャンミンと一緒なのか?」
「はい···病院です」
「今から行くから」
俺は急いで病院へと向かった
キュヒョンに聞いて向かった病院に着くと夜間出入口でキュヒョンが俺を待っていた
「ユノさん!!」
キュヒョンが俺に向かって小走りに駆け寄ってくる
「チャンミンは···」
「こっちです」
キュヒョンに連れられて病院へと入り静寂に包まれた廊下を二人歩いて行った
エレベーターに乗るとキュヒョンは2階のボタンを押して扉を閉める
エレベーターは直ぐ2階に着き扉が開いた
少し歩くとキュヒョンは立ち止まり
「チャンミンは緊急オペです」
そう言って«手術中»の赤いランプを指差した
「お前···こうなった状況は知ってるのか?」
「はい···」
俺は無言のまま椅子に座ると床を見つめ«待ってて»と言って部屋を出たチャンミンを思い出していた
「たまたまチャンミンに電話したんですよ···
ファンミーティングがあるけどエントリーするか聞きたくて」
「うん···」
「そしたら奥さんが出たんです···ビビった」
そう言ってキュヒョンは苦笑いしている
「奥さんから家まで来てほしいって言われて更にビビる」
キュヒョンは身を屈めて小さな声で最後に
「チャンミンん家に行ってビビリ度MAX···
まさかこんな展開になるとは思ってもみなかった」
ガックリと項垂れ呟くキュヒョンの肩を俺はポンポンと軽く叩いて宥めた








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Platonic Love~30. | Home | Platonic Love~28.

コメント

No title

ギュと一緒にmamもビビる。

2018/05/15 (Tue) 21:59 | 723621mam #- | URL | 編集
723621mamさんへ

723621mamさん、こんばんは♬
PLANET~TVXQへようこそお越し下さいました(^▽^)/
ご無沙汰しております<(_ _)>
何でかこんな展開がイメージされちゃいました(汗)
イメージしてもたあっこもビビる(;'∀')
723621mamさん
コメント下さり有難うございました☆

2018/05/16 (Wed) 01:46 | あっこ・x・ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/16 (Wed) 11:29 | # | | 編集
と☆☆ゃみさんへ

と☆☆ゃみさん、こんばんは(^ω^)
PLANET~TVXQ~へようこそお越し下さいました🎶
すみません···寝落ちしました💦
改めまして
と☆☆ゃみさん、おはようございます
PLANET~TVXQ~へようこそお越し下さいました(笑)
と☆☆ゃみさん!!
お久しぶりですー!!(笑)
このセリフでのご挨拶ばかりですみませーん💦
久々にお話進んだと思ったら「なんじゃこりゃー!!」な展開でしたよね(汗)
気持ちを貫くリスクを表現したくなったんです(T-T)
このお話を書き始めた時はこんな展開予想してなかってんけどな😅
次回の30話···今回みたいには期間あけないようにします
お待ち下さいませ~
と☆☆ゃみさん
コメント下さりありがとうございました✨

2018/05/17 (Thu) 11:24 | あっこ・x・ #cM0BZOPY | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/17 (Thu) 12:43 | # | | 編集
☆い☆ょうさんへ

☆い☆ょうさん、おはようございます(^ω^)
PLANET~TVXQ~へようこそお越し下さいました!!
チャミは離婚成立してからユノと会うと決意してホスト業頑張ってました
それがひょんなことからホストクラブで再会
会いたい気持ちに蓋をしてホスト業頑張ってたチャミです
ユノが仕事終わりの自分を待っていた事に···甘えたくなったチャミでした♡
ユノはユノで突き放した事をずっと気にしてました
久しぶりに出会った場所がホストクラブ···
チャミが心配でなりません!!
だって···
好きなんやもん(T-T)
あぁ···こんなシチュ萌えますなぁ♡
しかしお互い既婚者であるが故にややこしい💦
チャミが目標を持った事によって事態が動き···
刺されてしまいました(>_<)イタイ!!
舞台は病院へと移ります
☆い☆ょうさん
コメント下さりありがとうございましたm(_ _)m

2018/05/18 (Fri) 09:21 | あっこ・x・ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。