FC2ブログ

Platonic Love~20.

and-u1-missha1-5fda4_convert_20180104024218.jpg

20.






楽しい時間を過ごすつもりだったのに…
«毎日デートだな»
俺がそう言ったのを嬉しそうに聞いていたチャンミンはもう居ない
チャンミンが出て行く後ろ姿を俺は見てるだけで追いかける事はしなかった
追いかけるなんて出来ない
追いかけてチャンミンを抱きしめたってチャンミンは満足しない
チャンミンは俺と身体を一つにして愛を感じたかったんだから
バスルームでマスしてたチャンミン
吐息を漏らすチャンミンの声は涙声だった
「ごめん…チャンミン」
小さく呟きながら頭を左右に振り自分の指先を見つめた
抱きしめたり唇を重ねたり
俺はチャンミンをその気にさせるだけさせてその先には進もうとしない最低なヤツ
「俺が悪いよな」
誰もいない部屋で一人呟く
俺がこんなんだとチャンミンが潰れかねない
俺はゆっくりベッドから離れるとバスルームへと向かい熱めのシャワーを浴びた
チャンミンはやり切れない気持ちでこの場を去って行ったんだろう
煮え切らない俺に愛想を尽かしたのかも知れない
出会ったその日から正直信じられないんだがいつの間にかチャンミンに心を奪われていた
帰りの電車でお前の事を思い出していた俺に«会いたい»と連絡してきたチャンミン
テンション高めなお前を可愛いと感じた
やり取りをしていくうち仕草や言動でお互いが惹かれてることぐらい気付かないわけない
俺もチャンミンも良い歳した大人だからな
お互いが惹かれていると感じながらこうして会う日を重ねていく事はリスクを伴う…
当然会えば会うほどお前を知ることになって強く惹かれていく
虚しい新婚生活を送っているチャンミンが俺に愛を求め始めることだって想像ついたはず
全ては俺が悪い
俺は踏み止まれてもチャンミンは今の生活から抜け出したいから踏み止まるって選択肢は選ばない
「しばらく…いや…会わない方が良いのかもな…」
シャワーを頭から浴びながら小さく呟く
幸せな日々を過ごしていない事を知って俺は何とかしたかった
時折見せる哀しげな表情なお前を抱き締めずにはいられなかった
心から笑って欲しくて手を差し伸べた俺
お互い離婚出来ない環境でどこまでお前の気持ちに応えられるか…
結果これだ
俺の自己満足に過ぎなかった
優しさは時に相手を深く傷付けてしまう
俺の行動はまさにソレでチャンミンを傷付けるだけだった
ゴメン…
口から漏れる言葉はゴメンしかない
ベランダを開けると綺麗なオーシャンビュー
昨夜の漆黒の海も綺麗だったけど
朝陽で照らされてキラキラ輝くこのオーシャンビューをお前と眺めたかったな
チェックアウトを済ませ俺もこのコテージを後にした

「お疲れ…後は俺がやっとくから」
「すみません」
部下に軽く手をあげるとPCに視線を戻して仕事に集中する
俺はチャンミンに出会う前の俺に戻っていた
戻っていたと言うか戻ろうと努めた
あの日以来チャンミンから連絡はないし俺も連絡をしていない
«今からこっちを出るよ…チャンミン…楽しい時間にしてやれなくて悪かった»
コテージを出る時にそうメッセージしたけど返事はきていない
返事がない事がチャンミンの返事だと受け取った
「ユノさん…最近顔色悪いですよ」
「そうか?」
「仕事し過ぎです」
そう言いながら部下は俺のデスクに栄養ドリンクを置く
「ありがとな」
俺は微笑み親指を立て礼を言った
「じゃあ…すみませんがお先に失礼します」
「おぅ」
広いフロアに俺一人となった
確かにオーバワーク気味かも知れない
部下からの差し入れを有難く頂戴することにしよう
キャップを開けて一気に飲み干した
もう少しやって帰ろうかな
俺は再び仕事に集中する
「ふぅ……」
背伸びしながら時計を見ると日付けが変わろうとしている時間になっていた
「そろそろ帰るか」
デスクの上を少し片付けて俺はフロアを後にした
「うぅ…喉いてぇ…」
朝起きて身体の不調に気付く
体温計で熱を測ったらかなり高くて驚いた
熱があるからと言って会社を休む訳にはいかない
取り敢えず家にあった風邪薬を服用して会社へ向かった
「おはよう」
「おはようございます…あれ…ユノさん顔赤いですけど大丈夫ですか?…声も変ですよ」
俺を見るなり言われた
「風邪引いたみたいでさ…忙しい時にゴメンな」
デスクに鞄を置きながら話す
「ずっと顔色悪かったし疲れ出ちゃったんですって
病院行ってきて下さい」
周りのみんなも頷いている
「無理して倒れちゃう方がヤバいんで遠慮しないで今から行ってきてください」
背中を押された格好で出社早々俺は病院へ行くことになった
かかりつけの病院だけど最近元気にしてたしかなり久しぶりだった
「わっ…ユノさん…お久しぶりですね」
病院に入るなり声をかけられた
「久々風邪引いちゃったみたいで」
診察券を出しながら受付の子と話していると
「え?…ユノさん?」
声を掛けられて俺は自然と声のした方を振り向いた
「やっぱりユノさんだ」
ニコニコしながら近付いてきた人物
オフ会以来会ったことないキュヒョンだった







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Platonic Love~21. | Home | Platonic Love~19.

コメント

No title

これは・・・
神さまホミンさまキュヒョンさま・・・だよね?


昨日待ちに待ったPチケが届きました。
来週は仕事にらんな。(笑)

2018/01/06 (Sat) 20:34 | 723621mam #- | URL | 編集
723621mamさんへ

723621mamさん、こんばんは('ω')ノ
PLANET~TVXQ~へようこそお越し下さいました♬
そうですそうです(笑)
神さまホミンさまキュヒョンさまです!!(笑)
キュヒョンさまはええお仕事しはるんです~♡
今回も絡んでいただきま~っす♪

名古屋参戦なんですねぇ~
しかもPなんてウラヤマ~✨
ガン見してきてくださいね!!
723621mamさん…
仕事にはならんと思います(笑)
いいのいいのー!!
たまに仕事にならん日があったっていいやんか~♬
酔いしれてきてください♡
723621mamさん
コメント下さりありがとうございました!!

2018/01/07 (Sun) 00:09 | あっこ・x・ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する