FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Platonic Love~19.

pc-homin1-sweat1a_convert_20171230015153.jpg

19.





離婚したい…
俺にすがり付いてそう言うチャンミンをギュッと抱き締める
「ユノ…僕は彼女と夫婦でいる限り愛を感じて生活するなんて出来ない…
そんな人生嫌なんだよ…嫌だ」
俺と視線を合わせると俺の頬に手を添えた
「目の前に好きな人がいる…いるのに愛し合えないなんて…」
チャンミンの眼から涙が溢れ頬を伝う
「チャンミン…俺と身体の関係を持ったら奥さんは気付くかも知れない
気付かれたら…きっと会えなくなるって」
「好き…僕はユノが好き」
チャンミンが囁く
「ユノ…」
迫ってくるチャンミンを抱きしめ直す
「キスさせてくれないんだね」
チャンミンのか細い声
「俺がヤバくなるから」
「……」
チャンミンの動きが止まった
「チャンミン…」
俺がチャンミンを呼ぶとチャンミンが俺から離れる
「何で我慢しなきゃいけないと思う…」
涙を溜め潤んだ瞳で俺を見つめている
さっきの俺の言葉はヤバいと思った
「ごめん…表現が悪かった」
チャンミンは首を左右に振る
「僕もユノも既婚者で相手がいるから…
だけどユノ…僕もユノもお互い相手を愛していない」
「チャンミン…」
興奮気味なチャンミンを宥めようとチャンミンの名前を呼んだけど
「俺がヤバくなるってどう言う意味…」
「チャンミン」
「ユノが言えないなら言ってあげるよ」
無理だった
「僕のキスを受け止めたら感情を抑えられなくなるから…
キスだけじゃ終われない自分を僕に見せるのが怖いから」
チャンミンが再び迫ってくる
「違う?」
俺は一つ深呼吸してチャンミンに視線を戻した
「俺はチャンミンが好きだから迫られると感情を抑えるのは大変だよ」
「だから…抑えなくて良いって言ってるじゃん!!」
「チャンミン」
「僕を奪ってよ…」
涙をポロポロ零しながら俺を見つめる
「泣かないで…」
チャンミンの頬に伝う涙を拭う
「僕…彼女に離婚切り出してみる」
俺はチャンミンの言葉に目を丸くした
「お前…それ本気で言ってる?」
「そうだけど」
俺はチャンミンの髪を撫でながら話し始める
「なぁチャンミン…お前が結婚した経緯を考えてみて…普通じゃない結婚じゃん?」
「ユノもじゃん」
そう言って拗ねた顔して俺を見つめるチャンミン
「今は俺を引き合いにださない…」
チャンミンの顔を覗き込みながらそう言うとチャンミンは顔を赤くしながら俺を見る
「ユノの上目遣いはヤバい…」
俺を見つめながら言うチャンミンに俺は笑う
「上目遣いはお前の方がヤバいから…」
俺の言葉にチャンミンは表情を曇らせる
「ヤバくなんかないよ…ユノは流されない人だって僕は今思い知らされてるから」
根に持ってるから何度も言われそうだ
「奥さんの話が全て真実かどうかわかんないよな…
そもそも借金してたのかもわかんないだろ?」
俺は話を戻す
「僕の親の借金の肩代わりしたって…」
「なぁ…それ借用書的な書類見た?」
「見てない…説明だけなんだよね~…」
「なんだよね~…って…」
俺は身体を起こしてチャンミンを見つめる
「前に俺…仮説話したじゃん?」
「うん」
「余計な事しちゃったかもな」
「どういう事?」
俺は腕組みをして一点を見つめる
「ユノ?」
チャンミンも身体を起こして俺を覗き込む
「全てのこと…事実確認してないだろ?」
「う…うん」
「俺の仮説を鵜呑みにしちゃダメだってこと…鵜呑みにしてただろ?」
「うん」
チャンミンは苦笑いしている
「奥さんの言ってる事が全て真実って思ってただろ?…チャンミンは疑う事もなかったじゃん?」
「うん…そんな嘘つかないかなって…」
俺はガックリ項垂れる
チャンミンは人を信じ過ぎだ…
「離婚はさ…事実確認が出来るまで切り出さない方が良いんじゃないかな…」
チャンミンにそう言うと首を左右に振る
「その間僕は彼女の相手しないとダメじゃん…もう僕イヤなんだ」
「じゃあ…相手しなきゃ良いじゃん?…チャンミンがずっと我慢しなくたってさ…な?
セックスレス夫婦になれば良いんだから」
「ユノみたいに?」
「俺の場合は…ちょっと違うんだけど…まぁそんな感じ」
「興味ある~」
「だから…俺は置いといて」
「置いとくのヤだな」
「チャンミン」
チャンミンの唇に俺は人差し指
ジッと見つめるとチャンミンの眼に涙が溜まる
チャンミンは俺の人差し指をそっと触って唇から離した
「ユノは無自覚でこんな事するんだろうな…
好きな人にこんな事されたら誘ってるって思っちゃうよ」
「ごめん…俺の話は良いからって意味だったんだ」
チャンミンの表情は曇っている
「ユノ…自分の事は話してくれないんだね」
「俺の話はいいんだって」
チャンミンは大きな溜め息を一つしてベッドから出ると部屋から出て行った
俺はしばらくの間ベッドに寝転がり天井をジッと見つめていた
カチャリとベッドルームのドアが開いた音に反応してドアの方を見ると
鞄を持って立っているチャンミンと目が合った
「チャンミン?」
「僕…帰るね」
「え…」
驚いた俺にチャンミンは微笑む
「頭を冷やすよ…ユノを困らせてばかりでごめんなさい」
「どうやって帰るんだよ…俺も帰るから待って」
起き上がり服を着始める俺にチャンミンの声
「タクシー呼んだから心配しないで」
そう言ってチャンミンは俺の動きを止めた
「ユノ…数日間楽しかった」
チャンミンの声のトーンが俺の胸に突き刺さる
「チャンミン…」
「また連絡していい?」
俺はチャンミンに頷く
「良かった…」
チャンミンはやんわり微笑んで去って行った







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Platonic Love~20. | Home | 僕のヒョンは最強様~Y-side 出会い編・5~

コメント

No title

おっと、忘れてた・・・
え?
一人で帰っちゃうの?チャンミン?

2017/12/30 (Sat) 11:45 | 723621mam #- | URL | 編集
No title

おっと、もう一つ忘れてた。
あっこ・×・さん、たくさんの萌えをありがとう。
再始動の二人にさらに萌え萌えしつつ、
新しい年もよろしくお願いします。。。

2017/12/30 (Sat) 11:50 | 723621mam #- | URL | 編集
723621mamさんへ

723621mamさん、こんばんは♬
PLANET~TVXQ~へようこそお越し下さいました
忘れてた…
ってのはこのお話の内容をですよね?(笑)
そらそうです
更新したあっこもいつぶりかも分かりませんもん(;'∀')
ってなわけで読み直してみたりもしました(笑)
ここのお話の中で表現したいシーンが出てきたんすよ
なのでお話を進めなくては(汗)といきなりぶっこんでしまいました(;´Д`A ```
脳内妄想が消えないうちに何とか表現を完成出来るように頑張ります~φ(..)
723621mamさん、
コメント下さりありがとうございました!!

2017/12/30 (Sat) 23:55 | あっこ・x・ #- | URL | 編集
723621mamさんへ

723621mamさん、再びあっこですm(__)m
こちらこそいつもコメント有難うございました!!
沢山ある小説ブログの中からこのPLANET~TVXQ~のお部屋を見つけて下さり
読んで下さり沢山のコメントを下さって本当に有り難うございました(涙)
論評的なコメントを頂いたこと…ほんま嬉しかったです
その通りやったから頷きながらコメント読ませて頂いたのん今でも覚えています
「なんや~…バレバレや~ん(笑)」って
あっこの表現の変化をご指摘下さったのが何より嬉しかったんです
そして笑って楽しんで読んで下さったことも嬉しいのですが
萌えを感じて読んで頂けたのが超絶嬉しい(号泣)
萌えを感じて読んで貰えたってことはあっこが表現したい萌えが伝わってるってことやん?
めっちゃ嬉しいやんかー!!
ホミンにも萌えるけどコメントにも萌えるあっこです~♡
再始動した二人を生で目にして歌声やパフォーマンスを観て改めて二人のプロ根性に惚れました
想い合う二人に激萌えしながら来年も生きていこうと思ってます(笑)
そしてこのお部屋で萌えな二人を表現していけたらなって思っていますので
723621mamさん、
来年もPLANET~TVXQ~をどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
良いお年をお迎えくださいませ♡
PLANET~TVXQ~ あっこ・×・

2017/12/31 (Sun) 00:33 | あっこ・x・ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/03 (Wed) 00:01 | # | | 編集
と☆☆ゃみさんへ

と☆☆ゃみさん、こんばんは('ω')ノ
PLANET~TVXQ~へようこそお越し下さいました♬
あけましておめでとうございます(^▽^)/
こちらこそ今年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

ビックリでしたよね(笑)
あっこもPlatonicの前回の更新日見て「どんだけ振りやー!!」ってなりましたから(;´Д`A ```
ユノsideの途中にすみません💦
突然で読みにくかったと思いますがあるシーンをPlatonicのお話の中で表現したくなって強制ぶっ込みです(笑)
現在進めている「僕のヒョンは最強様」では色合いが違って無理で(笑)
Platonic loveのユノは既婚であることがネックになって気持ち踏みとどまっている感じです
チャミへの想いはあるので葛藤も当然あるわけで…
あっこが今回表現したいってなったシーンまで書けたらまたピタリと止まってしまうかもやし
はたまた書く前に最強様に戻るかもしれないケセラセラ状態でもあります(;'∀')
自分でもよくわからん感じで年明け早々迷走状態なPLANET~TVXQ~
ですが!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします(>_<)
と☆☆ゃみさん、
コメント下さりありがとうございました!!

2018/01/04 (Thu) 00:32 | あっこ・x・ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。